発酵・暮らし・想い

小倉ヒラクさんのトークイベントに行って参りました。

発酵料理家たやまさこです。

恵文社で「日本発酵紀行」出版記念イベントの開催を知り、行って参りました。

お話の内容はとてもとても深く、私が発酵舎mammaで大切にしている事が、これでいいんだぁ〜。

近代、人は何をなくしたのか?

 

私が住む高島には、文化があり、知恵と工夫があります。自然と共に、不便さもあって、考える力が備わっています。

発酵食文化は、その土地土地の暮らし。そして知恵であり、受け継がれてきたモノ・コト。なぜそうなのかが定かでなくても、ずっと受け継がれてきたからと、今でも続けてられている。

きみこさんに教えていただき、漬けている畑漬けも、畑の環境だからあの味に漬かる。蓋を洗う水も違うし、気候も違う。そこにいる微生物も違うから、同じようにはならない。でも同じようになるには?と工夫をするし、それが知恵となっていくんだと思います。

ヒラク君のお話で印象的だったのは「民族の記憶を繋げていく」

そこには、素晴らしい叡智が沢山あって、どんなにA Iが発展しようとも、その叡智は、微生物と生きていく中でとても大切なんだと思います。

「発酵させるとよみがえり、衰退していた土地がよみがえり、分断されていたコミニュティがよみがえり、水と土がよみがえる。

目には見えない菌たちがよく働くと、ばらばらになっていた関係性が結びなおされる。小倉ヒラク」

発酵舎mammaのテーマは「感じる力・考える力・生きる力」です。

滋賀・高島の発酵食文化、暮らしを肌で感じ育ってきたお陰で、ちょっと早いおばあちゃんの知恵(笑)を実際生活の中でやっているようで、mammaに来てくださる方々から、そういうコトに触れたかったんです。とおっしゃっていただいております。

全ては暮らし。小さい頃から、季節を通して「こうするんだよ」と親や地域の方からも教わりました。

今のように、ワークショップなどの学ぶ機会があったはわけでもなく、言い伝えられる中で染みついてきたコト。教えてもらったら必ず次やってみ!とアウトプット。そうやって出来るようになって行きました。

今は便利すぎて、インプットばかりが増えているような気がします。

自分の暮らしに必要なことは何でしょう?

 

 

 

 

 

 

 

たやまさこはこんな人

発酵料理で腸が整い、幸せホルモン「セロトニン」でHAPPY喜びに満ちた発光・発酵する人を増やしたい!私たちの幸せを地球の幸せにつなぎたい!

小倉ヒラクさんのトークイベントに行って参りました。” への2件のフィードバック

  1. 初めまして❗
    実家は大阪府松原市丹南です。旧姓は田中と言います。もともと大庄屋は近江の国です。近隣の柏原神社(稲荷神社)は白髭神社の系列です。何かご縁があるかと思いまして、私の父親が生前よく鮒寿司を好んでいたことを思い出します。大阪ではデパートで真空パックのスライスしたものが購入出来ます。かしこ

    1. 吉村様
      鮒鮨お好きで良かったです。臭いイメージがあるようで、敬遠されることも多くて。
      スライスの鮒ずしを、昆布だしの椀物に入れると、トロット溶けて、少し酸味のある味で、美味しいです。

吉村徳子(ヨシムラノリコ) にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください