エールの声

エールの声:Vol.1

「どこを切っても、たやまさこやねん」 そう言い切る他谷さんに、裏も表も存在しない。

「どこを切っても、たやまさこやねん」 そう言い切る他谷さんに、裏も表も存在しない。

ただひたすら自然の恵みを、その力を信じてキッチンに立っている。

 

そんな他谷さんの発酵食は、体にも心にも寄り添ってくれる。

なんて気楽な。なんて心地いいひととき。

 

小野千穂さん
フリーアナウンサー

 

 

料理を作ってる時間が一番幸せ!そう言い切る、他谷さん。

自然豊かな高島で育った食材を使って、同じく高島で生まれ育った彼女の感性で作る発酵料理は、日本全国どこにもない唯一無二のものとなる。

 

料理を作ってる時間が一番幸せ!そう言い切る、他谷さん。

だから他谷さんの料理を食べると、幸せが溢れてくるんだろうね。

 

幸せってね、ほんとは自然に溢れてくるの。そんな事を教えてくれる料理だと思う。

じんわりと身体と心に沁み入るように。

 

岩崎三知子さん

 

 

他谷さんは人類と菌類とどちらに近いかといえば・・・

他谷さんは人類と菌類とどちらに近いかといえば、菌類に近いわけです。

 

何故なら、麹(こうじ)菌やら乳酸菌やらはいちいち理屈は考えてないんです。彼らは自分達が心地よいかどうかで生きているわけです。

 

要するに他谷さんはそういう人なんです。

だから菌達は仲間だと思って仲良くやってるわけです。

 

平井俊旭さん
雨上株式会社

 

 

 良い意味での”抜け感星人たやまさこ“に引き寄せられている気がします。

料理には色んな楽しみ方があると思います。

私は何故…遠距離遠征にハーブの家に通うのか・・・。

 

巷の料理教室とは明らかに違うものさしを感じるでしょうね。

 

揺る~い感覚。 場の空気。 そこに集まる面々。 何より”感覚“を大事にしてるスタンスの進行。

 

根拠や努力や情熱が確実に根っこにあるのだけど、良い意味での”抜け感星人たやまさこ“に引き寄せられている気がします。

 

荒木恵美さん

 

 

他谷さんの 料理教室は癒しのパワースポットのような場所

他谷さんの 料理教室は…

まるで 実家に帰ってお母さんが ご飯作ってる周りでみんなでワイワイお喋りしながら、コツを聞きつつ たまには 味見に お口にポイって美味しいモノ入れてもらう幸せな時間が流れる場所。

気がついた人が テーブルセッティングをし、得意な人が配膳をし そしてみんな笑顔で美味しいモノを頂く。

きっと 作り手のニコニコが みんなに伝染して いるんだなぁ。家でも ワタシがニコニコしていたらご飯も美味しくなりそうだなぁ。

 

そういえば、他谷さんが「ご飯を作るお母さんが元気じゃないと 美味しモノは作れないでぇ?」って言ってたなぁと思い出す。それと同じことなのかしら?

ハーブの家に居る数時間で せかせかしていた自分が ほんわかとリセットされて また今晩から家族に美味しいモノを作ろう ワタシって料理好きだったんだ!

と思える、癒しのパワースポットのような場所です。

 

朝田加奈子さん

 

 

 

身体と心に耳をすますきっかけを頂くことができます。

たやさんのお人柄そのもののお料理は水彩画のような透明感のあるお味。

量に頼らずとも心からの満足感があります。

 

心身のデトックスをさせて頂ける場所としても愛されています。

緩んでいるんだけどダレてはいない、絶妙なバランス。

 

身体と心に耳をすますきっかけを頂くことができます。

 

池島幸太郎さん
ハッピー太郎 醸造所

 

 

エールの声:Vol.2へ

 

たやまさこはこんな人

発酵料理で腸が整い、幸せホルモン「セロトニン」でHAPPY喜びに満ちた発光・発酵する人を増やしたい!私たちの幸せを地球の幸せにつなぎたい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です