発酵座学

京丹後へ♪心地いいは人それぞれ、自分の感覚を再認識の時間でした。

発酵料理家たやまさこです。

高島から京丹後へ引っ越したうまこちゃんちでイベントがあったので遊びに行って来ました。

2時からのイベント前に、発酵ランチとお酒で乾杯。

以前比良山荘さんでいただいた、クマと猪の鍋を参考に♪

昆布だしと白たまりと塩で味をつけて、醸した豚肉の鍋。食べ終わったら猪と白味噌を入れて。昆布、豚肉、野菜の旨味に、猪と白味噌、野菜の旨味がプラスされ、それはそれは深い味わいに〜。仕上げはよもぎもちを入れて。

画像ございませんが(笑)

今回もかまどでのお料理♪とっても楽しかった〜。そしてガスとは、なんだか味が違う!なんだろう〜まあるい幸せの味に全てがなっていくんです。

発酵舎mammaにも、簡易のかまどを作るので、薪や炭を使ってお料理します。ぜひ味の体験してみてください。

薪をくべて、鍋を触ってたら、手がススだらけ(笑)

 

イカと豚の焼売。焼売はフアフアの食パンに挟んで、辛子醤油麹をつけると、なんと豚まん風になるんです〜。皆さんに大絶賛いただきました。

 

わん子も元気でした。

 

2時からは牡蠣パティー。ブチ君とビールと

 

焼き牡蠣

 

焼き牡蠣も美味しいけれど、日本酒垂らすと絶対美味しい〜と、うまこちゃんちのかまどやってみたら、牡蠣はよりプリプリに、あとは牡蠣酒と2度の美味し!

まさこの牡蠣小屋〜とせっせと作っていると、またまたお友達が激写!手から火の紐が出てる〜と大爆笑!

 

前回は畑での味噌作りの時、樽の中に入れる時激写!手から光が〜。まぁーこの一度なら、そんな時もあるよね〜ですが、こう続くと(笑)ミラクルです。

 

いっぱい牡蠣を食べて、隣の古民家へ移動して、囲炉裏を囲んでいると、いつの間にやら、まさこのお好み焼き屋に(笑)焼きを任されて、炭の火を調整しながら、焦げないように、ふあふあでいてパリっと焼けました。

これまた、皆さんに大絶賛していただき。ガスではない、炭や薪の微調整をしながらのお料理は、とても楽しいー。

 

そして、ジャンベのライブが始まって

 

楽器と音と一体化。それはそれは気持ちよさそうで。私達に見せるだけではなく「内」と楽器との共鳴の世界。内側からの喜びの空間が、私にとって心地よく感じるんだなぁ〜。

策略も、過大に見せるとか、表面的に合わせるとかもしないし(笑)SNSで集客発信出来てるような出来てないような、自分企画をしても、中心にいないので、カリスマ性は?ですが(笑)一度たやまさこワールドに足を踏み入れると、じわじわと他谷菌が繁殖するそうです(笑)

もっと何かできるんじゃないか?華やかさを求めかけましたが、ふと自分は一体何がしたいのか?知名度をあげて名前を売ることがしたいのか?

30年すれば83歳です。今から何かより、今までの経験や、本音を語り合えたり、心地いいご縁が広がったり、そうだったと確認の場所になったり、そんな場所でお料理作っていられたら幸せなんだなぁーと再確認の旅となりました。

ありがとうございます。

 

豊かさは人それぞれ、昨日は一日、外で用を足して(笑笑)不便さの中に気づきがあるなぁ〜。

 

 

 

 

 

たやまさこはこんな人

発酵料理で腸が整い、幸せホルモン「セロトニン」でHAPPY喜びに満ちた発光・発酵する人を増やしたい!私たちの幸せを地球の幸せにつなぎたい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください