発酵・暮らし・想い

生きた乳酸菌は私にとって、とても大切でした。

発酵料理家たやまさこです。

父が認知症になり二年目。

それなりに体はストレスを感じたようで、去年初めて花粉症の症状が出ました。

日々発酵食品を食べ、触れている私には、無縁の花粉症だと思っていました。

が!やっぱりストレスで腸内環境変わるんですね。

こういう時こそ!アレルノンです。

アレルノンは、滋賀のソウルフード鮒鮨由来の乳酸菌から出来ていて、生きたままヨーグルトの中に。(鮒鮨がそのまま入っているわけではないです)

冷蔵商品だし、二週間の賞味期限!賞味期限が過ぎると発酵が進み、微炭酸な感じになっていきます。私は賞味期限切れが好きです(笑)

数年前、鮒鮨の乳酸菌と酵母の菌数を調べてもらった事があって。酸味があるので沢山の乳酸菌が居るに違いない!と思っていましたが、乳酸菌の活動が終わり死菌になっているようで、菌数が思ったより少なかったです。

私は、鮒鮨を食べると消化促進され、胃がスッキリします。

そして、アレルノンを食べると腸内環境の菌のバランスが良くなるのか、花粉症が治まったんです。

人によって効果は違うと思いますが、あって良かった「アレルノン」

 

免疫を上げよう!発酵食品が良い!とされてますが、ストレス度合いによっても、いつもの量や種類では足りなかったりするんだろうなー。

死んだ菌ももちろん良いけれど、生きた菌の働きを実感して改めて、アレルノン商品の凄さを体感しました!

ストレスは人それぞれ、溜まった事に早く気づき、食事や運動でリセットするのも大切ですね〜。

健康は1日にして成らず。

自分の体の為にしてあげるコト。私は毎日味噌汁か味噌湯を飲んで、家事をしながらストレッチとアレルノン(笑)

 

たやまさこはこんな人

発酵料理で腸が整い、幸せホルモン「セロトニン」でHAPPY喜びに満ちた発光・発酵する人を増やしたい!私たちの幸せを地球の幸せにつなぎたい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください