発酵の日々

去年漬けたへしこを、出しました。いい感じに漬かってます。

発酵料理家たやまさこです。

去年12月に漬けたへしこ✨一緒に漬けた方々から「美味しく出来ました」とご連絡いただき、自分の樽も開けてみました。

 

いい色✨糠を食べてみると、まるで鰹節の粉ように旨味がありました。

 

お腹の色も琥珀色でいい感じ〜。昨年へしこ博士に来きていただきへしこ開きと、へしこの素晴らしさを講義していただいたなぁ~身の色で美味しさがわかる。この琥珀色が美味しい証拠です。

 

 

去年は400匹のサバをさばき、うちに残ったサバは60匹。あとはワークショップに参加していただいたそれぞれのお宅で、保管されています。

ひと樽漬けると、開けるたび、冬から春に季節が移行する時、夏になるとまた味が変わる「へしこ」その営みを感じていただきたくて、ひと樽10匹漬けてもらってます。

こうやって、発酵を暮らしの中で感じ味わい、受け継がれていくお手伝いをさせていただけて、私も嬉しいです。

待つ楽しみ✨毎年仕込むからこそ、塩梅が自分でわかってくる。工夫も生まれて来ます。

今年も1月から3月のどこかで、へしこひと樽漬けるワークショップを開催いたします。

たやまさこはこんな人

発酵料理で腸が整い、幸せホルモン「セロトニン」でHAPPY喜びに満ちた発光・発酵する人を増やしたい!私たちの幸せを地球の幸せにつなぎたい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください