エッセイ

発酵ポタージュと薬膳茶で、カラダを整えてます。

発酵料理家たやまさこです。

虚弱体質で生まれて、もともと消化力が弱く小食で、太れない体質でした。季節の変わり目になると、乾いた咳が続いたり、鼻の奥が乾燥したり、ちょっと食べすぎると胃が重く感じて食欲が落ちる・・・。

食材は麹の分解力を活かして調理をし、甘酒やみそ湯を飲み、薬膳を取り入れてから、マシにはなったものの、人の三倍ほどの活動量なので、体の気を補い、臓腑やその働きを活発にさせて気虚による症候を治療する作用のある補気類をこまめに取っていても追いつかず(笑)

自分のために作った、発酵ポタージュスープだけでも、あともう少しな感じ!

薬膳サロンつむぎさんにお願いして、今の私の体調に合わせたお茶を作っていただきました。

 

補うって、ほんと大事ですねぇ~。乾いた咳が止まり、消化力も上がりました。

先日、医療機関で働いている友人が、忙しすぎてコンビニごはんが続いてて、免疫力も落ちてるねん。とお惣菜と発酵ポタージュを買いに来てくれました。

毎日の食事から、私達のカラダは出来ています。

私自身、両親の病院送迎や打ち合わせが重なると、食べる時間がなく、ご飯とみそ湯で済ましたり、野菜不足になりがちだったり。そういう時の食事として、夏ごろから試作をして自分も取り入れて、良さを実感したカラダをいたわる「発酵ポタージュ」

かぼちゃ・カブ(白と赤)・人参・キノコ・さつまいも

 

ごはん、野菜をコトコト煮て、塩麹で消化しやすく分解してから、牛乳を加えてポタージュにしています。

 

 

 

たやまさこはこんな人

発酵料理で腸が整い、幸せホルモン「セロトニン」でHAPPY喜びに満ちた発光・発酵する人を増やしたい!私たちの幸せを地球の幸せにつなぎたい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください