エッセイ

ひと樽へしこ漬けるよ~鯖のさばき方ポイントお伝えします。

発酵料理家たやまさこです。

来週のひと樽へしこ漬けように、今日も鯖をさばきました~。

 

まずは口から割り箸を入れて、エラから出して、エラの内側のヒダヒダ(なんて言うのかな)を抑えながら、割り箸を内蔵の部分に差し込んで、鯖をグリグリーと回して、口から内臓を出します。スポーンと抜けると気持ちいいですよ〜。

 

口の中を流水で洗って、背開きします。

 

残っている内臓と、骨に沿ってついている血の塊と、エラの中に残っている血の塊もきれいにとります。

 

こんな感じに〜。

 

生臭くならないように、頭を下にして立てて、口から残っている血を出します。

 

鯖の重さを計り、14%の塩を中と外にまぶして下さい。

厚みのあるビニール袋に、塩をした鯖を入れ、冷蔵庫で1週間保管します。来週は本漬け〜。

たやまさこはこんな人

発酵料理で腸が整い、幸せホルモン「セロトニン」でHAPPY喜びに満ちた発光・発酵する人を増やしたい!私たちの幸せを地球の幸せにつなぎたい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です