エッセイ

自然の恵みをいただく☆はじめて鹿をさばくお手伝いをさせていただきました〜死から生が生み出される瞬間でした〜

発酵料理家たやまさこです。

先日、鯖をさばくお手伝いに来てくれてた うまこちゃんが、帰ったら鹿をさばくねん来る?って誘ってくれて、人生初めて、鹿の解体のお手伝いに行って来ました。

後ろ足をもらって、お肉をさばいたことはあるけれど、一頭は初めてで(普通、体験しないことですよね)

残酷なんかなぁ〜。出来るかな〜と思ったけれど、自然界の死はとても綺麗でした。

 

さばくを英語でdressと言うそうです。

腰のあたりまで剥いだ皮は、まるで高貴なスカートのようでした。

 

死から生が生み出される✨まるで出産に立ち会ったような感覚✨鹿の死から、お肉をいただき、私たちの命となっていく。頭では分かっていたコトだけど、スーパーに並んでいるお肉や魚も同じはずなのに、生と死がとても遠く鈍感になっていたことに気づきました。

 

 

ここからリアルなお話になるので(写真もupされます)、ご興味ある方のみ閲覧してください。

 

 

すでに内臓はとってあって、川で冷やされていた鹿を引き上げ

 

ロープで宙ずりにして、

 

首にナイフを入れて、皮を剥いでいきます。

ここから超ディープになるので、写真は掲載しませんが、まず後ろ足から、筋膜や筋肉にそって切り、ちょうど人間の股関節の軟骨の周りから外して、最後軟骨を切り離す。それぞれの足を外し、背骨の横にある背ロースを切り外していきました。

 

毎日、料理をしてるからなのか、鶏をさばくところを見て育ったからなのか、初めて鹿をさばくのに、うまこちゃんがここを切ってとアドバイスをくれるところを、筋肉や筋膜に沿いながら綺麗にお肉を外せました😊

お肉を触っていると、ここにナイフを入れるといいな〜が、なんとなくわかる✨多分昔の方の感覚って、こう言う感じだったんだろうなぁ〜。

自然からの、目には見えない導き✨植物も動物も微生物も全て同じで、人間は土から離れたことで、自然の一部から少し遠くなっちゃったんだろうなぁ〜。

 

いただいたお肉は、へしこの糠に漬けたり、塩麹、醤、甘酒味噌酒粕漬けにしました。

 

 

自然に身を置く、自然に包まれる機会を増やすことで、人も自然界の一部だったことを思い出せると、野菜の声も聴き取れるようになります。

スーパーの野菜達は、主張をあまりしないけれど、畑で元気に育った野菜達は、こうするとこうなるよ!とか😊こうして!とか教えてくれるんです(文章にすると怪しい〜)

たやまさこはこんな人

発酵料理で腸が整い、幸せホルモン「セロトニン」でHAPPY喜びに満ちた発光・発酵する人を増やしたい!私たちの幸せを地球の幸せにつなぎたい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください