お料理教室

和みのヨーガと発酵料理教室を開催いたしました。料理教室編

発酵料理家たやまさこです。

先日、和みのヨーガと発酵料理教室を開催絵♫大阪、三重、奈良、兵庫、京都からもご参加いただきました。

初めて発酵料理教室に参加下さる方が多かったので、甘酒の濃さや、塩麹との分解力の違い、甘酒を甘くしないで分解の調味料として使えること。食材によって漬ける日数が異なることなどもお伝えして♫

 

豚ミンチを甘酒につけてガパオに

上には楽農舎さんの平飼い卵の目玉焼きをのせて

 

 

化学調味料を使わず、醤油麹で味をつけ発酵春巻き

 

 

鮭やエビを甘酒につけたアクアパッツァ

コンソメスープを使わなくても、甘酒が分解した旨味がたっぷり😍

 

カラフル大根のチョップドサラダ

塩で揉んだ野菜を甘酒につけて、米粉と鮒寿司の乳酸菌から作られた

アレルノンをヨーグルトの代わりに使いました。

日本人は乳糖を分解する酵素を持っていないか弱いとされていて、牛乳やヨーグルトを食べるとお腹がゴロゴロする方もいらっさいます。

アレルゲンフリーで作られたアレルノン✨研究に研究を重ねられ、本当に質のいい植物性ヨーグルトなんです😄

 

余談ですが、私は蜂蜜とシナモンをアレルノンにかけて食べるのが好きです😍

発酵調味料を何のために使うか?分解、甘み、塩味、醤油味にと、分解に使って味にも使うのもok

この法則を使ったお料理の本が出せたらなぁ〜。と妄想😊発酵調味料を使いこなせると、時間短縮ストック料理にと、ぐんとお料理幅が広がります。

 

和みのヨーガのお話は次回に。

たやまさこはこんな人

発酵料理で腸が整い、幸せホルモン「セロトニン」でHAPPY喜びに満ちた発光・発酵する人を増やしたい!私たちの幸せを地球の幸せにつなぎたい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です