発酵の日々

発酵舎mamma♪新しい拠点への想いです。

発酵料理家たやまさこです。

5月には、新しい拠点で発酵する暮らし、生きる力、伝承をテーマに、親戚のお家に来たような、なんだか懐かしく自分に還ることができる場がスタートします。

「発酵舎mamma」

mammaはイタリア語でお母さん、そのまんま、赤ちゃんが食事の事まんま〜って言うし、昌子のま(笑)

言霊で「ま」は真実

「ん」は終わり次のステップアップの時が来ましたよ~
新しいことを始める準備をする時ですよ~
ということだそうです。

 

畑もあり、荒地もあって(笑)駅からも近くて、駐車場スペースも作るので10台は停められる。

 

ここは亡き叔父夫婦が住んでいて、あとまーちゃんに頼むわな。

と叔父が生前から言ってくれてました。家って住んであげないと、どんどん土に帰ろうとするから。

最初はお家に私を受け入れてもらうよう、お友達に手伝ってもらってお掃除したり、お庭を綺麗にしたり、家の中の空気を入れ替えたり、時間があるとは、マーキングしてました(笑)

和みのヨーガの会をしたり、人が集まってくれたお陰で、場がとっても心地いいものに✨

 

皆さんがわざわざ高島まで遠い所からも来てくださるのは、都会にはない空気感 を感じられるからだそうです。

時間の流れがゆっくりで、自然の営みに身を置く事で忘れかけていた「自分の感覚」を思い出せるから。

知恵と暮らしをテーマに、学んだ事を繰り返して、自分のものにしていく場所。

 

ただ楽しかっただけでも良いけれど、自分に取り入れ始めて学びになる、暮らしの中で知恵になって受け継がれていくことが、今の時代経験する事がなくなってきたように思います。

発酵食も昔は言い伝えだったものが、今は、良さを知ってもらう為だけれども、学ぶ場としてマニュアル化されています。

私も自分の感覚に自信が無かった頃、マイスター的に学びましたが、基本の知識としては良かったけれど、それが今、活かされているかというと…です。

繰り返しやっていくうちに、導き出されるモノって、私の場合、先人の知恵に触れたり、経験や自然界からの閃きから生まれます。

多分!本来みんなの中にDNAレベルで受け継がれてる感覚があるはず。

それを思い出せる場所になれたらなぁ〜と思います。

私だけで作る場所というより、ご縁の皆様と共に自然と和が広がっていくイメージですので、共にこんなことやりたいね♪をカタチに〜。

皆さま、どうぞよろしくお願いします。

 

発酵・料理家たやまさこ

 

 

 

たやまさこはこんな人

発酵料理で腸が整い、幸せホルモン「セロトニン」でHAPPY喜びに満ちた発光・発酵する人を増やしたい!私たちの幸せを地球の幸せにつなぎたい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください