レポート

和みのヨーガと発酵ランチ会♪ご参加ありがとうございました。

発酵料理家たやまさこです。

2日間開催させていただいた、和みのヨーガと発酵ランチ会。初めましての方々やリピートの方々まで、その日のご縁ってあるんだなぁ〜と、回を重ねる度、実感しています。

 

新しい拠点の名前も決めて(名前への想いは、また次回)

リニューアル前の反工事の中、開催です。

和室と和室の間の襖を取り、8人まで入れるようにして。暖かいお部屋で、初めましての方々も、親戚の家に来たみたいに落ち着きます。とおっしゃってました。

じっくり2時間ソロワークとペアワークをすると、来られた時より、お顔がツルツルピカピカに✨その瞬間に立ち会えるって本当に幸せ〜。

 

皆さん、カラダが溶けそうなくらい気持ち良かったそうです。

他谷さんて、いつもタイミングがいいよね〜と良く言われます。

今日も、ちょうど襖を開けるタイミングが、私を呼びに来てくれるタイミングと一緒だったらしく、なんで〜とみんな大笑いでした。

 

まず一日目のランチは、発酵ベトナム風鍋

 

甘酒につけた鮭、有頭エビ、本当はコブミカンの葉が欲しかったんですが、高島には売っていなくて、庭のレモンタイムを使って✨

自家製へしこ、イカの糠つけ焼き、ストーブで焼いた焼き芋。

和みのヨーガをした後、ぽかぽかなお部屋で、暖かい鍋を食べて、暑くなって服を薄着にされていく皆さん(笑)

 

今日は豚と猪の鍋。これは工夫をしていて、まず昆布だしと塩、酒、醤油麹で味をつけて、甘酒につけた豚で食べて。豚が終わってから、塩麹に漬けた猪と白味噌、酒で味を変え、畑のセリを加ええて〜。このヒントは比良山荘さんへ連れて行っていただいた時のお鍋が、1つの鍋で二種類の味を楽しむ感動を味わって、ずっと記憶に残っている味を私流に再現してみました。

 

 

魚の釜を1週間糠につけて焼いたり、畑漬け、生ハム風へしこと糠もお出しして。大絶賛いただきました〜。狙った味に出来ました〜。

 

食後は皆さんがお片つけしてくださって、私はお持ち帰り用のお漬物を袋に詰めて。ほんま親戚の家に来た感じ〜と喜んで頂けました。

 

このブログを見てくださっている事がリアルになって、ご縁が繋がる。

5月から素敵な企画を色々開催させていただきます。

この場所でする企画は「続けてやって行ける事・伝承・生きる力」本当は色んな情報ってそんなに必要じゃなくて、繰り返ししていく経験が一番大切なんだと思います。そうだったを思い出す場所。

いつも私の提案を快く受けてくれるゆかりちゃんありがとうございます。

たやまさこはこんな人

発酵料理で腸が整い、幸せホルモン「セロトニン」でHAPPY喜びに満ちた発光・発酵する人を増やしたい!私たちの幸せを地球の幸せにつなぎたい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください