発酵の日々

昨年漬けた「へしこ」いつ開けtら良いですか?とお問い合わせいただきました。

発酵料理家たやまさこです。

昨年は4回ひと樽へしこ漬けワークショップを開催させていただき、その時漬けられた方から「いつから食べられますか?」とお問い合わせをいただきました。

 

 

気温や置いている所にもよりますが、そこそこ太い鯖だったので、高島の場合は約1年かかります。

去年漬けられた方は、樽から発酵の美味しそうな香りがしていると思います。

が!もう少し我慢してくださいね😊

開けて糠食べてみると、美味しくないです。

冬に漬けて、夏を越し、朝晩の気温が低くなって、漬けた時の気候まで待つ😊微生物達が繰り広げている「発酵の世界」

今年も「ひと樽へしこ漬けワークショップ」を予定しております。

 

鯖の下処理を学びたい方は、お問い合わせください。業者レベルに延々、鯖さばきます(笑)

 

 

たやまさこはこんな人

発酵料理で腸が整い、幸せホルモン「セロトニン」でHAPPY喜びに満ちた発光・発酵する人を増やしたい!私たちの幸せを地球の幸せにつなぎたい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください