発酵の日々

微生物が作り出す世界は芸術です。

発酵料理家たやまさこです。

涼しくなった高島😊夏に漬けはじめた畑漬け

夏は、樽の中で産膜酵母がどんどん繁殖するので、毎日2、3度混ぜてましたが、涼しくなると、1日1度大丈夫にー。

夏の暑い時と涼しくなってからと、表面の模様が違っている事に、最近気付きました😊

8月、ちょっと見づらいですが、分裂が細かかったんです。

9月始め

9月20日の夜はこれくらい

あえて次の日の夕方まで、洗わずそのままにしてみたら

こんな物体もー!

 

微生物にとると、ただただ生きる行動ですが、とても芸術的で、樽の中での営みに命を感じました✨

発酵を色々仕込んでいると、季節によって発酵が活発な時、静かになる時、復活する時、微生物のタイミングなんですよねぇ~😊

そのタイミングに出会った時、素晴らしさに一人歓喜しております(笑)はたから見たらめっちゃ怪しいです(笑)

その営みに呼吸があってくると、今だよ~と微生物からのサインがわかるように♪こうするとこうなるよ~のヒントであったり、感覚の世界ですが、昔の人が普通に持っていた感覚なんだと思います。

自然界は実に壮大です✨

たやまさこはこんな人

発酵料理で腸が整い、幸せホルモン「セロトニン」でHAPPY喜びに満ちた発光・発酵する人を増やしたい!私たちの幸せを地球の幸せにつなぎたい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください