発酵レシピ

甘酒を使った、ふきのとう味噌のご紹介です。

発酵料理家たやまさこです。

寒い高島でも、先週からふきのとうが一気に芽吹いてきました。へしこをひと樽漬けますよーにご参加くださった方々がハーブの家の周りの土手に生えている「ふきのとう」を綺麗に採って行かれたのに、1週間すると、またたくさんのふきのとうが😊

 

 

こんな感じに地面から顔を出します。

 

ふきのとうを綺麗に洗って、大量だったのでフードプロセッサーでミジン切り。

ここがポイントです!みじん切りしたら直ぐ油で炒めます。茹でて炒める方法もありますが、私はアクの強さも春の恵みとして頂きたいので😊

 

炒めたらお好みの味噌とみりん、あと甘みをお砂糖じゃなく、濃厚な甘酒で甘みをつけます。

 

濃厚な甘酒については、麹の分解力を活かす☆発酵料理☆甘酒!濃度の違い&使い分けをお伝えします をご覧ください。

 

長期保存したいので、消毒した瓶に詰めて、蒸し器に入れて、熱処理をしました。

 

少し色が違うのは、熟成味噌と去年の味噌と2種類作りました。熟成味噌のふきのとう味噌にはくるみペーストを入れてます。

 

春は恵みがたくさん✨つくしもいっぱいです。

 

先日、発酵ベトナム鍋につくしを入れてみたら、あのほろ苦さがクセになるお味で、美味しかったです😍

 

たやまさこはこんな人

発酵料理で腸が整い、幸せホルモン「セロトニン」でHAPPY喜びに満ちた発光・発酵する人を増やしたい!私たちの幸せを地球の幸せにつなぎたい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です