エッセイ

ハーブの家は自然と人が共に有る、心地いい時間が流れます。

発酵料理家たやまさこです。

3月11日のイベントの朝、霜が降りて、とても綺麗でした✨

前日に割っていた丸太がキラキラと

 

冬のミントの葉っぱは厚みがあって表面がモフモフしてて、霜が降りても凍ることがないみたいです。

 

 

生き抜く力!生命力の凄さを、自然から感じられる幸せな朝♪

 

お泊りしていた友人の娘ちゃんが、器用に枝で水たまりの氷を挟んで「ほらぁ~」と見せてくれました。

 

寒い冬を乗り越えるためか、ぷくぷくのみみちゃん。眩しくて目つき悪いです(笑)

 

ちょっとスリムな時のみみちゃん😊

 

今年は春がやって来るの早いような?

いつもはお彼岸の頃、比良の八講荒れじまい が済むと、本格的に春になると言われていますが、数日暑いくらいのお天気で、ハーブの家の周りには、春の野草がいっぱい芽を出しています。

 

たやまさこはこんな人

発酵料理で腸が整い、幸せホルモン「セロトニン」でHAPPY喜びに満ちた発光・発酵する人を増やしたい!私たちの幸せを地球の幸せにつなぎたい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です