レポート

薪で蒸すこだわり味噌作り&ひと樽漬けますよー。笑いいっぱいの会となりました。その2

発酵料理家たやまさこです。

3月11日は味噌作りとへしこが同時進行で行われ、はっこうするおうち手しごとの会 主宰の美穂さんや、麻麻工房の麻美ちゃん、同じ名前の昌子さんや、参加してくださってる方々がほんと、色々手伝ってくださって、ざっくりな私をサポートしてくださいました〜。ありがとうございます😊

 

この日は1味噌を作る方  2へしこを漬ける方  3両方作る方とそれぞれで。両方作る方は味噌からしていただきました😊味噌作りは美穂さんにお任せして✨

 

私はへしこの漬け方をレクチャーさせていただきました。

176匹を塩漬けした鯖、家の三台の冷蔵庫が鯖だらけでした(笑)

 

樽に袋をかぶせ、底に糠を敷いて、鯖のエキスを混ぜた糠を鯖に詰めていきます。

 

鯖をひと並びさせた上から鯖エキス入り糠を詰めていきます。麹をパラパラ、鷹の爪を数本のせて

 

それを三段繰り返します。

ビニール袋を空気を抜くように閉じ、上から三つ編みの縄をのせ、中蓋ものせ、樽と同じ重さの重石を置いて、上から袋をかけて、約十ヶ月そのまま開けず保管していただきます。

 

途中、ランチは持ち寄りしていただいたお料理が続々と😊

 

 

 

 

他にもたくさん持ち寄っていただいたんですが、写真を撮る間なく、皆さんのお腹に😊

はじめましての方々も多かったんですが、勝手知ってくださってる方々がお昼の準備を始めてくださったり、始めましての方々は、これどうしましょう?と聞きながら、お手伝いしてくださったり、まるで大家族が集まったような😊知り合いの知り合いだったり、いつかお会いしたいと思ってました✨やっと繋がれた✨と帰る頃には皆さん、じゃあ〜また〜ハーブの家で😊

ハーブの家のイベントはとてもゆるく、私が指導して、参加の方が生徒さんでって感じでは全くないんです。ポイントはきちんとお伝えしてますが、ここでは肌で感じで、手が覚える、感覚を身につけていただきたい😊

 

講座のようなマニュアルがあるわけでもなく、マイスター制でもなく、○○名人にレクチャーしてもらう。そして、それを毎年仕込んで自分ちの発酵食文化にしていただけたらなぁ〜と思います。

たやまさこはこんな人

発酵料理で腸が整い、幸せホルモン「セロトニン」でHAPPY喜びに満ちた発光・発酵する人を増やしたい!私たちの幸せを地球の幸せにつなぎたい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください