発酵レシピ

ウグイのなれずしで椀物

発酵料理家たやまさこです。

ウグイってご存知ですか?猫もまたいで通ると言われるほど、小骨が多い魚です。本当にまたぐのかな?と飼ってる猫にあげてみたら・・・。またぎはしないものの、食べませんでした(笑)

ハーブの家で飼ってるみみちゃん♪

猫もまたいで通る「ウグイ」をなれずしにされてるお店が高島にあります。

魚岩さんという川魚屋さん。

乳酸菌のお陰で小骨も分解されて、クセもなくとっても美味しいんです♪

ウグイのなれずしで椀物?って思われるかもしれませんが、とっても美味しいんですよ♪ポイントは昆布出し!

濃い目の昆布出しに、スライスした椎茸を入れ、塩で味をつけ、お椀にウグイのなれずしを入れ、熱々のおだしを注ぐ。

 

おだしの熱で、ウグイのなれずしがトロットロに溶けて、酸味と塩味が相まって、おなかにも優しい一品になります。

 

私たちは、鮒ずしやなれずしをお薬代わりに食してきました。

体調が悪い時には、鮒ずしやなれずしの飯(周りの白いご飯の部分)をお湯で溶いて飲んでました。

先日京都で開催された、発酵料理と日本酒の会では、ここにそうめんを入れて、ウグイのなれずしにゅうめんに~。お酒の後にも合う一品です。

たやまさこはこんな人

発酵料理で腸が整い、幸せホルモン「セロトニン」でHAPPY喜びに満ちた発光・発酵する人を増やしたい!私たちの幸せを地球の幸せにつなぎたい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です