発酵在宅介護ライフ

発酵を活かした介護は、これから必要になってくる気がします。

発酵料理家たやまさこです。

在宅介護の母、認知症の父、W介護をしています。

父が認知症になり3年。夜におはようと起きてくるようになり、壊れたおもちゃのように、引き出しを開けたり閉めたり、物がどんどんどこかに片付けられたり捨てられたり(苦笑)

やめるよう言うと、手を出してくることもしばしば。

母の入院もあり、3ヶ月老健にお世話になりました。

そして、グループホームが決まり、母との時間を過ごさせてあげたくて、2泊3日mammaで過ごしました。

2日目は、父の兄弟、私達三姉妹と旦那さん、総勢9人が集まり、両親を囲んで食事を企画。

カメラマンさんに、両親それぞれの写真と食事風景を撮っていただ来ました。

お天気も良くて、心地いい日差しが、みんなの顔を照らしていて、穏やかな時間でした。

みんな居る時は、どこが認知症って思うほど受け答えが普通だったのに、みんなが帰ると、ウロウロし出し、色んな物を触り移動させる父。

そして外に出ようとするので、お手伝いをしてもらう事に。

洗濯物たたみ

掃除機をかけてもらう

あれ?便の臭い匂いが!リハビリパンツを履いている父。

みるとやはり!そして軟便でベッチャリついてる〜。

匂いにクラクラしながら(苦笑)処理した後シャワーして。

夜は両親揃って、晩ご飯

夜中に出ていかないように(笑)

無事朝を迎える〜。朝は道の駅のお買い物行ったり、畑で鷹の爪を収穫。

暑そうだったので農業帽子をかぶって。

草むしり中は飼い猫クロが、父を見守り(笑)

ニンニクの皮むき

手持ち不沙汰にならない工夫って大事だなぁ〜。父を友人の3歳児を預かっているつもりで接すると、ストレスがたまらないことに気づきました。

お昼、父の友人が訪ねて来てくださり、懐かしい話がいっぱい出来た父。

午後、グループホームに送っていくとすんなり部屋で寛ぎ一安心。

2泊3日父と過ごし、母のように便が臭くなく、軟便ではなかったら、介護がもっと楽になるし、臭いを消すためにキツイ香りの芳香剤を使うこともなくなる(うちは使ってませんが)

発酵料理を取り入れる所が増えるよう、私が出来る事は、もっと良さを明確にして、安価でパッと取り入れやすい方法を色々考えてみます。

今、私達が出来る事は、消化力が落ちないようよく噛む事、腸内環境も整えておく事、自分の歯で食事ができるよう口腔ケア、筋力を保つ事も大切だと実感しました。

衰えてからするのではなく、若いうちから心がけておく!大事ですね。

そして、ウロウロ動き回る人向けに、施設にちょっとした迷路があって、歩いている間にまた施設に戻るそんな工夫があると楽しく、スタッフさん達の労力も軽減出来たら良いのにな〜。

家では元気な認知症の両親を見るには限界があって、施設の存在は家族にとって有り難いです。

両親が貯めてくれていたものがあるからこそ、入所ができる。

自分も子供に負担をかけないようできるか?難しいだろうなーと思うと、ピンピンコロリ逝けるように(笑)

 

たやまさこはこんな人

発酵料理で腸が整い、幸せホルモン「セロトニン」でHAPPY喜びに満ちた発光・発酵する人を増やしたい!私たちの幸せを地球の幸せにつなぎたい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください