レポート

淡水魚ラオス料理×発酵の会、美味しく楽しい会となりました。

発酵料理家たやまさこです。

今日はお外でもち米を蒸したり、外や中を行き来しながら、総勢20名様以上が、ワイワイとお料理をお手伝い下さる方、話に花が咲いて、あちこちで乾杯。

 

火を起こして、もち米蒸し

 

火を起こし、蒸したり焼いたり。

こんな感じでハーブや唐辛子を潰して

 

青パパイヤサラダの青パパイヤ

シジミとレモングラス蒸しもの

渡り蟹茹でたものとサラダ

レモングラスを芯にして、ミンチを巻きつけ、バナナの皮を敷いて蒸して

 

こちらの貝はレモングラスなどの香草を入れて茹でてあります。

 

ぶり?マグロ?:/のカマ

 

他にも色々出ました〜。私作の発酵低温調理した鶏むねに、ピリ辛のタレをかけてもらって

 

こちらは、小豆島で放牧豚を育ていらっしゃる鈴木農園さんのモモ肉を醤油麹につけて、酒とニンニク、鍋底には、和田商店さんの美味しいこんにゃくを敷き詰めて、

お肉の旨味をこんにゃくに吸わせた、食欲そそる一品

 

渡り蟹の殻をオーブンで焼いて、鶏肉から出たスープや香草、こちらには、和田商店さんの糸コンを入れました〜。

 

写真ないですが、手羽先料理やホヤ料理、なすのディップのようなタレなどなど。ラオス料理とベトナム風なお料理はビールにもお酒にも合いました。

 

 

総勢21名!エアコンききませんね(笑)皆さん愉快な方ばかりで、お料理やお片づけを手伝ってくださったり。

笑いいっぱいの美味しい楽しい会でした。とご感想いただきました。

親戚の集まりのような、懐かしくホッとする、発酵舎mammaはレストランでもあり、大家族になる場でもあります。

ご参加いただいた皆様、美味しいラオス料理を作ってくださった小松君、ありがとうございます。

 

 

たやまさこはこんな人

発酵料理で腸が整い、幸せホルモン「セロトニン」でHAPPY喜びに満ちた発光・発酵する人を増やしたい!私たちの幸せを地球の幸せにつなぎたい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください