レポート

続々とへしこが美味しく漬かりました!とご報告いただいております。

発酵料理家たやまさこです。

去年は12月から3月まで、4回開催させていただいたへしこひと樽漬けワークショップ

 

初めて漬けられた方は、ドキドキしながら樽をあけられたと思います。

あけた途端、いい香り〜。糠の美味しさにびっくりされたと思います。

 

さて、あけた後はどうすれば?1匹ずつ真空パックしてもいいし、1匹樽から取り出したら、表面を平らにして空気を抜くように、袋の口を閉じ、中蓋と重石を置いて下さい。

糠はへしこバターに使ったり、そのままふりかけに、アンチョビの代わりに使ったり、ほんと色々活用できます。

糠床に少し入れると糠床が美味しく、骨は昆布と水で出しをとったり、年末年始、つきたてか焼いたお餅に挟むと、カラスミ餅風になりますよ。

今年も漬けられる方は、この糠を入れるとさらに美味しくなりますので、残しておいてください。

鯖のへしこのつけ方 YouTubeにupしてますので、参考にして下さい。

たやまさこはこんな人

発酵料理で腸が整い、幸せホルモン「セロトニン」でHAPPY喜びに満ちた発光・発酵する人を増やしたい!私たちの幸せを地球の幸せにつなぎたい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください