エッセイ

発酵するまち高島は、虹に出会えるまち、あたたかい気持ちに触れるまちでもあるんです。

 発酵料理家たやまさこです。

高島では弁当忘れても、傘忘れるな!とことわざがある程、秋から冬へ移り変わる頃、晴れたと思っていたら、空が灰色に覆われ雨が降り出します。

ひと雨ごとに冬になっていくんです。

その気候のお陰で、虹によく出逢います。

 

綺麗なアーチ型の虹に出会えたり✨よく見ると、二重の虹

 

朝晩、霜が降り、野菜は自分の身を守る為に、甘くなっていきます。冬の鍋に欠かせないネギは、雪が降ってからが柔らかくて美味しいので、高島では「雪が降らんとねぎが美味しならんなぁ~」と、ご年配の方はおっしゃいます。

冬になると「漬物つけたし」と色んな方からおすそ分けをいただいたり、うちは八百屋さん?って程、お野菜を同時にいただいたり、またそれをおすそ分けしたり😊

うちの両親は丁寧すぎるほど、人付き合いをして来てくれたから、私は恩恵をいただけてるんだと思います。

 

 

父の旧友の方からいただいた、麹つけ

 

田舎は、なのか高島はなのか、「また行くわ」「また来てや」は社交辞令じゃなく、ほんと本心から言ってる人が多いです。

昔、「○○あったら誘うわ」って話した方に、お誘いの連絡をしたら「ほんとうに誘ってくれた。嬉しい」と言われたことがあって、私はその場限りの会話があるんだーと知りました(笑)

 

都会から遊びに来る友人達は、高島の風景や人に触れるたび、生きかえるわーと目を輝かせながら言ってくれます。

そんな、ほっと出来る高島。本来の自分に還ることが出来る場所です。

たやまさこはこんな人

発酵料理で腸が整い、幸せホルモン「セロトニン」でHAPPY喜びに満ちた発光・発酵する人を増やしたい!私たちの幸せを地球の幸せにつなぎたい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください