エッセイ

体調不良が続き、薬膳と発酵の力を体感中です。

発酵料理家たやまさこです。

5月4日に41.3度の高熱が出て、いつもなら1日で熱が下がってすっきりするのに、今回は3日熱が上がったり下がったり、食欲がなくなり、熱が下がると咳が出始めて・・・・。

漢方のお薬と薬膳サロンつむぎさんで食事アドバイスをしていただき、やっと咳も治まりつつ・・・。

今の症状に必要な食材に変えて、症状を伝えて、またアドバイスをもらって、食べ物でここまで変化するの?ってびっくりでした

人の三倍は動いていた毎日(笑)頭もフル回転で、いつも人から「この量の仕事を一人でこなしてるの?」とビックリされることも多くって(笑)一人で三人分くらいの働き・・・してました~。

それが高熱と共に、カラダと頭のパーツがバラバラになった感じで、自分のカラダが自分で思うように動かない、段取りをしようとしても思いつかない。ミミちゃんのように、すぐ横になりたくなって・・・。

 

 

何だかすっきりしない、カラダ・・・。そうだ!本当に発酵食が健康につながるのかを身をもって体感してみよう~と思い(笑)

固形物が食べにくいので、ご飯・野菜をスープやだしで煮て、ミキサーにかけてペースト状にして、そこにプラス「みそ湯」

お通じは良くなったものの、のどの痰の切れが悪い・・・・。

薬膳サロンつむぎさんにヒアリングをしてもらって、熱で「気」を消耗して「血」も足りない状態で、肺の中の痰は胃腸の消化する「気」が少ないと、なかなか治まらないらしい~。

そこで、みそ湯を「甘酒」に変えて、こまめに飲むと、お腹が空くようになり、のどの痰もグッとましに♪

一般的に甘酒摂取量は一日200ccまでとされてますが(ぶどう糖も糖分なので、取りすぎると血糖値が上がるんです)私が作る甘酒は、ほのかな甘さにしているので(仕込む水分を多めにしているので)300~400cc目安に取っています。一度に飲むのではなく、こまめに!

私の場合は、甘酒が合いましたが、人によって違うので(糖の取りすぎで血糖値が高くなったりもするので)やってみて、自分の体調がどう変化しているか?

あれがいい。これがいい。と情報はあふれていますが、それぞれ体質も違うし、腸内菌も様々!自分のカラダの変化をキャッチ出来る♪とても大切なことだと思います。

 

食べたくないなぁ~ペースト状にしてみよう!と自然とやっていたことは、カラダがそうしてほしかったようで、ヒアリングでも、同じことをアドバイスいただきました。

カラダからのサイン♪カラダはほんと素直です。

たやまさこはこんな人

発酵料理で腸が整い、幸せホルモン「セロトニン」でHAPPY喜びに満ちた発光・発酵する人を増やしたい!私たちの幸せを地球の幸せにつなぎたい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください