エッセイ

発酵食品!ふなずしが美味しく漬かりました。高島のソウルフード

発酵料理家たやまさこです。

去年の夏に漬けたふなずしを開けました✨

本当なら1月に食べ始められるはずが、猛暑にならなかった去年、大雪だった去年。樽からまだ漬かってないよ〜と聞こえる感じがして(笑)

 

山菜が1ヶ月早く採れる暖かさになって😊樽を開ける事に。

 

ふなずしは、春、フナに塩をして

 

夏の一番暑い時期に炊いたご飯と漬けます。

 

発酵食品は寒仕込み(寒い季節)が多い中、雑菌が繁殖しやすい真夏に漬けるふなずしは、塩で雑菌にやられないように、そして暑さで一気に発酵させ、冬を迎えます。

 

恐る恐る開けると、グレーのカビが!モコモコのやつも〜。取り除き中蓋を取ると中は綺麗でした✨

 

真ん中はお米もペースト状に

 

樽の縁や、フナから離れたところは、硬いお米のよう、つぶつぶ感わかります?

ご飯の量とフナのバランスも大事だなぁ〜。

 

フナの頭も柔らかくなっているにで、しっかり漬かってるようです。

 

そして切ってみるとこんな感じ✨

わさびで食べるのもオススメですよー。

お味は?おぉ〜酸っぱい!もう少し深みの味になるには、デンプン質の分解が足りないのかなぁ〜さてどうするんだろう?もう少し試行錯誤が必要です😊でも飯は、とっても私好み😍

 

ご飯の部分を「飯」メシと書いてイイと言います。この飯は炊きたてのご飯に混ぜるとすし飯のように✨お酒の〆にぴったり😊ポイントはちょっとだけ塩を入れる!です。味がしまります。

 

たくさんの飯は小分けにして冷凍して、ディップやドレッシングに〜。

 

ふなずしを取り出した樽の周りに!色んな菌がいるんだろうなぁ〜。

顕微鏡が欲しい(笑)

 

ふなずしを出し終わると、手がツルツルに✨

手が発酵のいい香りがして😍クンクン嗅ぎながら、ニヤニヤしてしまいます(笑)

たやまさこはこんな人

発酵料理で腸が整い、幸せホルモン「セロトニン」でHAPPY喜びに満ちた発光・発酵する人を増やしたい!私たちの幸せを地球の幸せにつなぎたい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください