エッセイ

高島は大雪です!一面雪雪雪雪〜。

発酵料理家たやまさこです。

木曜日から降り始めた雪❄️降り止むことなくあっとう間に膝上までつもり、積もった雪道を歩くと、長くつに雪が入ります(笑)

 

 

駅に向かう道も、一ヶ所だけ通れる状態です。

 

 

融雪(道路に水が出ていて雪を溶かす装置)があるところはコンクリートが見えますが、装置がないところは、除雪されても雪が降り積もり道幅も狭くなって、道に雪の壁が出来ています。

ハーブの家の様子を見に行くと、長くつより雪が積もって、歩くたびに雪が長くつに入ります(笑)

 

 

去年の今頃も大雪で、学校が二日間休校になったほど!

 

去年もこんな感じでした~。

 

ハーブの家で飼っている猫のみみちゃんが、秋頃から脂肪を蓄えていたので、この冬も大雪だろうと予想はしていましたが、家の中が冷凍庫のように冷えて、冷蔵庫の中の方が暖かく感じます(笑)

 

でもこの寒さのお陰で、自然界は豊かになるんです。

雑菌は繁殖せず、降り積もった雪で、倒れた木々、生き残った植物はとても生命力があり、去年は庭のブルーベリーがとても力強い味の実をつけました。

雪解け水は、ミネラルを豊富に含み、土や川を通り、やがてその水は琵琶湖へと流れます。琵琶湖に冷たい雪解け水が流れ、湖底にもぐり、貴重な酸素をもたらして、水質を綺麗にしてくれるとされています。 

自然の循環は本当に素晴らしい~。

この寒い時に仕込む寒仕込みは、雑菌が少ないとされていて、私たちの住む高島では「寒の水」で味噌を仕込むと美味しいと言われています。

今日はこの寒さの時に仕込むといいとされている「寒麹」

 

 

昨日から水に漬けたもち米を水切して、炊いたモチ米と塩切した麹を混ぜて、今年のおせち用に「寒麹」を仕込みます。

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

たやまさこはこんな人

発酵料理で腸が整い、幸せホルモン「セロトニン」でHAPPY喜びに満ちた発光・発酵する人を増やしたい!私たちの幸せを地球の幸せにつなぎたい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です